紹介される家庭教師の料金は納得の上で

ご家庭において家庭教師を依頼される際には、その費用にはどんなものが必要なのか紹介業者を通じてよく理解しておく必要があります。
この料金は斡旋・仲介の業者によってさまざま表現の違いがあるからです。

したがって、疑問な点はすべて納得の上で契約を結ぶ必要がありますし、契約書においてはそういった諸費用についてすべて明示してあるかどうか、追加はあるのかないのか、テキスト代や模試代、交通費や追加の講習や変更は有料かどうか、違約金などはありうるのか、中途でやめた場合には、その後の費用や前払いした分はどの程度について返済されるのかなどはすべて納得のいく説明と理解が必要です。

オプションで別の料金があることもあり、最初からそのオプションが入っている契約になっていたということのないように、その点も明らかにすべきです。

お金のトラブルはどんな場合でも避けたいです。
せっかく学力が向上してもお金が原因でもめごとになってしまったということがないように最初の契約時が肝心です。

永年運営されていて、受験や学業向上の実績をもつ塾の場合には、そういったトラブルを避けるために、料金の説明については明確なパンフレットや書類を準備してあるのが普通です。
ご家庭がそういったものを所望された場合には、直ちに出せる業者であることが普通です。
信頼を得るためにまっとうな仲介・斡旋の業者であれば、必ずそういった書類は最初で言われなくても提出するはずです。
むしろそれが業者を見分けるポイントとのひとつといえます。
それから契約時の内容を説明をすることは、取り決めにより行うことになっています。
納得したことに署名捺印の手間ぐらいのことは保護者の方が行うことが普通です。

ページの先頭へ戻る