家庭教師のナビには5w1hが欠かせない

 家庭教師業界にとって、紹介のナビを集客にうまく利用することはいまや必須です。学生のいる家庭へのチラシや、申し込みを考えている保護者へのパンフレットなど、多くの場面でいかにナビを活用できるかは非常に重要です。そういった面で、より集客力を高めるには、5w1hをしっかりと意識した宣伝が効果的でしょう。詳細な情報をナビにしっかりと掲げることで、多くの客を引き込むことができます。
 家庭教師は学生の家庭に訪問する場合がほとんどですので、実際には5w1hの中でも特にwhat、when、who、howの部分が重要でしょう。一つ一つ説明していきます。
 まず「what」についてです。家庭教師と一言で言っても、教科や分野などさまざまな種類のプランがあります。苦手の克服に重点を置くのか、学校の先取りを進めるのかなど、具体的な方針をアピールすることでこれはいい、と思ってもらいやすいのです。
 次に「when」ですが、現代は両親が共働きという家庭も多く、家族の予定も忙しい傾向にあります。そのため、時間を指定して予約できるといった長所をナビに書いておくことで、家庭の都合にも対応できるという良さが伝わります。
 実際に教えてもらう家庭教師自体によい印象を持ってもらうなら、5w1hの中でも「who」を意識するべきです。元気や明るさを前面に出す紹介文とともに笑顔の顔写真を載せることで、非常に大きい信頼を得られます。
 自分たちだからこその長所、つまり「how」にあたる部分をアピールしたい場合には、とにかく積極的に記述するべきです。他の会社にはできない、独自性を前面に押し出していけば、多くの保護者や学生に魅力を感じてもらうことができます。
 家庭教師の紹介のナビの集客力を高めるためには、5w1hをはっきりとさせることは非常に効果的だと断言できます。情報を詳細かつ簡潔にまとめたナビを作り、より多くの顧客を手に入れましょう。

ページの先頭へ戻る