プロ家庭教師は経験豊富だから年配が多い?

家庭教師という一般的には大学生をイメージします。
確かに現在でもアルバイトでの家庭教師として大学生はたくさんいます。
ではこうした大学生の家庭教師で確実に伸びるのかというと必ずしもそうとはいえないです。
どうしてアルバイトである以上は一過性のものなのでその生徒への成果を真剣に行わない傾向があります。
無論大学生の家庭教師がすべて熱心ではないとは言えませんがその職責から成果を確実にあげれないこともあります。

そのような家庭教師とちがってプロ家庭教師は違います。
なぜなら職業として行っている以上、実績がないとその職業として成り立たないもので、実績のないものは淘汰されます。
大学受験であれば、難関校に合格することを目的としてそれをなし得ない場合には、プロとして認められることがないです。
それゆえにプロ家庭教師として優秀な人材は、その実績の多さから経験豊富な年配の方も多くなります。
確かに若いプロ家庭教師もいますが、ニーズとしては実績が豊富もしくは現場指導の長い経験豊富な方に依頼したほうが難関校に合格することという目的が少し困難であってもいままでの経験則は正しい指導をしてもらえると期待できるので、ある程度の年輪を重ねたプロ家庭教師のほうが信頼されて実績をつんで長く仕事として行うことになります。

また年配者の方がその受験に対する方法論や提案についても、やはり経験浅い年齢の若いプロ家庭教師よりも重みを感じするので委託する親としては、どうしてもこの年齢については選択の要素とするとも考えらるので必然的にプロ家庭教師は熟練した年配者を選んでしまうこともまた要因として考えられます。
受験は一生に一度の大きなイベントなのでどうしても確実性をもとめるので年配者に依頼することになります。

ページの先頭へ戻る