プロ家庭教師は授業料で選ばず面接で選ぶ

 プロ家庭教師の質と授業料には、何の相関関係もありません。
プロの家庭教師を選択する際は、授業料を考慮に入れず、ひたすら面接だけで判断すべきです。
授業料が高い派遣業者に依頼したのだから、それ相応の家庭教師だろうというのは誤った判断です。
家庭教師は数多くの派遣業者に登録しています。
1時間当たり1万円の料金設定にしているところにも、3千円にしているところにも、同時に登録しているのは普通のことです。
どちらの派遣業者でも、受け取る報酬にそう変わりはないからです。
派遣業者は、家庭教師が仕事を受けるぎりぎりの低い報酬額を設定します。
そして保護者からの依頼が見込める、ぎりぎりの高い授業料を家庭には示しています。
その差額が大きいほど、経営者側の利益は大きくなるわけです。
派手な広告を出しているところだと、その広告料への出費もありますし、専門のセールスマンを使っていれば、その人件費もかかります。
有志がこじんまりと地味に派遣をおこなっているところなら、授業料も安く、経営陣の取り分も少なく、家庭教師への報酬は他とだいたい同じということで運営されます。
家庭教師は、どこに登録しても、受け取る報酬は大差ないため、派遣先家庭が地理的に近いことを優先して登録先を決めます。
決めると言っても、遠すぎるところにある派遣業者にまでは登録しないというだけで、かなり広範囲にわたって、数多くの派遣業者に登録しているものです。

 どこの派遣業者に依頼するかを決めるときは、授業料の高さで信頼度を測ってはなりません。
むしろ、授業料が安いところほど経営陣が良心的だということになります。
家庭教師の質と授業料には何の相関関係もないため、質は保護者が面接で判断します。

ページの先頭へ戻る