スタンダードな方法の意味を知れる家庭教師

家庭教師に教わるとはどういうことでしょう。
まだ体験したことのないひとにとっては、わかりにくいと考えます。

まずは教師と生徒の意思疎通が図れるようになることから始めます。
むしろ遠慮なく聞く、尋ねる態度で接するといいです。
教わるときにもし、わからない時は、「わからないので、もう一度。
」とか「、ゆっくりやってほしい。
」とはっきりと申し出るといいです。
1対1で教わっているのですから遠慮は必要ありません。

慣れてくると、先生の話が聞き取れて言っていることがよくわかるようになってきます。
すると、ベテランの先生ほど、生徒が学校で教わっているスタンダードな方法が身につくように、迷わないでいいように教えてくれていることに気づくでしょう。
じつは生徒がわからなくなることの原因の一つが混乱です。
保護者の方から学校と違う方法で教わったり、友人が塾で教わった方法をそのまま生徒同士で伝え合ったりすることで混乱が起こることがあります。
そしてそれが原因でわからなくなることすらあります。

意外とこういうことがきっかけでつまずきが始まります。
さぼったからとか手を抜いたからという理由より、聞き間違いやこうした混乱が原因の些細な理由からつまずいてしまいます。

家庭教師の先生はこうしたことをよく知っています。
つまずきがちな場所はよく心得ていて、前もって混乱しないように、そして学校の方法がわかるように下準備してくれて教えてくれるはずです。
それほど教えることに関して余裕をもって高い技術で教えてもらえます。
したがってよくわかります。

こうしたスタンダードな方法の意味を熟知した先生だからこそ、家庭教師が務まるともいえます。
したがって、先生のサポートをうけながら、安心して指示された勉強を行えます。

ページの先頭へ戻る