プロ家庭教師にも嫌いなタイプの生徒がいる

プロ家庭教師は、好き嫌いで仕事を選ぶことはありませんが、教えても効果が出にくいタイプの生徒では保護者のイメージより学力が伸びない場合もあります。
家庭教師を依頼する家庭で多く見られるパターンの1つに、子どもが自主的に勉強してくれないことがあり、その事例でも同じく個別の学習計画を立てるものの、時間をかけて勉強する習慣を作っていくしかありません。
さらに、子ども自身が年長者を嫌っているケースでは、比較的年齢が高めのプロ家庭教師との相性が悪く、指示された課題をやらないなどの弊害が出てしまいます。
指導力と計画性においてはプロ家庭教師が圧倒的に上ですが、親しみやすい兄や姉が欲しい子どもであれば、あえて学生の家庭教師にするのも有効です。
ただし、いくら子どもが親しみを持てる相手であろうとも、肝心の志望校に合格できなければ意味がなく、途中からプロ家庭教師に切り替えた家庭も少なくありません。
限られた時間で合格ラインに到達できなければ、受験そのものを諦めなければならず、保護者としてはある程度の決断をする必要があります。
特に、中学受験のようにまだ幼いうちに受験させる場合では、そもそもプロ家庭教師の指導を素直に聞けない時点で向いていないとすら言えます。
どの年齢であっても、上位の学校の試験では一を聞いて十を知るレベルの天才も混じっており、そういった受験生とも対等に競えるだけの学力を身につけなくてはいけません。
大学受験では一般の進学塾に通うだけでも事足りますが、小学生ぐらいの年齢ではマンツーマンで懇切丁寧に教えてくれるプロ家庭教師の存在が欠かせないのです。
家庭教師に何を求めるのかを明確にして、それに見合った人材を派遣してもらうのが重要なポイントとなります。

ページの先頭へ戻る